【2017年】鎌倉花火大会の開催情報じゃ



スポンサーリンク

かまじい

鎌倉花火大会は
2017年7月19日(水)
に無事開催されたのじゃ(^^)




鎌倉花火大会打ち上げ花火
鎌倉花火大会


かまじい
69回目を迎える鎌倉花火大会は、中止が発表されたものの、鎌倉市が頑張って開催したのじゃ!

何が起きたのじゃ???

メインとなる鎌倉観光協会が実行委員会から外れてしまったことがきっかけで資金繰りが難しくなってしまったのじゃが、鎌倉市が「このイベントを中止してはいけない」という思いから、クラウドファンディングなどで資金を集め、頑張って開催したそうじゃ。





以下は鎌倉花火大会の概要じゃ。

1949年から始まった鎌倉花火大会は、毎年7月下旬に行われるのじゃ。
打上げ数2500発は、都内やその他の大きな花火大会に比べると規模としては小さめじゃが、海岸から近距離で打ちあげるため、目の前に大きく広がる花火とお腹に響く轟音は大迫力じゃよ。

そしてなんといっても沖合の花火船から海に投げ入れられ、海面から扇のように広がる水中花火は一見の価値があるのじゃ。
その迫力をムービーでご覧あれじゃ。








スポンサーリンク



●鎌倉花火大会会場へのアクセス

鎌倉駅から花火大会会場までは歩くと通常は15~20分くらいじゃが、この日は毎年大変混雑するのじゃ。毎年およそ15万人の人出があるのじゃ。
由比ヶ浜の入口は、早い時間から入場規制になるため、中心部から左右に離れた海岸部は比較的見やすいエリアになるゾ。(鎌倉駅のほか、江ノ電の由比ヶ浜駅や長谷駅からもアクセス可能じゃ)

また鎌倉はトイレが少ないのじゃ。海岸に公衆トイレはあるのじゃが、この日は多少の混雑は我慢してでも駅のトイレを利用しておくのがベターじゃ。

花火と浴衣とぞうりの組み合わせはとっても風流じゃが、タクシーもこの日は拾いづらいので、歩くのが苦手な人は注意が必要じゃ。

人の多さには気を付けて、ぜひ鎌倉花火大会を楽しむのじゃぞ♪

鎌倉で浴衣をレンタルして、浴衣で花火大会というのはいかがかな?
鎌倉着物・浴衣レンタル
鎌倉浴衣レンタル店のまとめ情報はこちらじゃ




・鎌倉周辺のお店や海の家では花火大会観覧用の有料席も用意しているのじゃ。詳細は各店舗にお問い合わせじゃ。
鎌倉の海関連の情報はこちら

・バス・タクシー乗り場は駅前ロータリーから離れた場所(二の鳥居付近)に臨時で設置されるのじゃ。

・周辺は18:30~22:30まで交通規制があるのじゃ。鎌倉駅東口と西口のロータリーへは23:00まで一般車進入禁止となるのじゃぞ。


☆2014年より鎌倉花火大会は、地元の山などから切り出した廃材などから火薬を作るという、「地産地消の花火大会」を目指しているのじゃ☆




かまじい 鎌倉のランチ&カフェ情報はこちらじゃ



鎌倉観光の見どころ・お店を検索!



豆知識