かまじいの鎌倉鶴岡八幡宮ツアー

かまじいもっとかまじい


かまじいと鶴岡八幡宮のツアーに出かけるのじゃ。



段葛
鎌倉駅から若宮大路を歩くとすぐに2頭の狛犬が出迎えてくれるのじゃ。
ここから若宮大路中央の一段高いところを段葛(だんかずら)と言い、源の頼朝が妻政子の安産を祈願して造った参道で、3月~4月は桜が満開になるのじゃ。
2016年3月に大改修工事が終わり、桜の木は若木によみがえり、一段高くなって見晴らしもよくなったのじゃよ。



源氏池
境内に入ると左側に平氏池、右側に源氏池があり、夏には蓮の花が咲きます。源平池の東の島には鎌倉七福神の一つ、旗上弁天社があるのじゃ。この横には政子石があり、夫婦円満の祈願石で姫石とも呼ばれるのじゃ。
(→パワースポットのページへ)


牡丹園
源氏池の奥には神苑ぼたん庭園があるのじゃ。正月ぼたんや春ぼたんが植えられ、中でお茶をいただくこともできるのじゃ。


さて、参道から右方面へすこし歩くのじゃぞ。



鎌倉元八幡 材木座の元八幡
もともと八幡宮は、現在も材木座にある由比若宮から移転されたもので、「由比若宮遙拝所」からお参りする事ができるのじゃ。
材木座は遠くてちょっと行く時間がない…という方はこちらで参拝じゃ。
鎌倉本八幡の参拝所
この四角い石の上はパワースポットじゃよ!(^^)!
たくさんパワーをチャージするのじゃ。




柳原神池
その奥には柳原神池(やないはらしんち)があり、6月のほたる祭・秋の鈴虫放生祭の祭場になるのじゃ。秋は紅葉が見事じゃ。


流鏑馬
4月・9月・10月には流鏑馬が行われるのじゃ。境内の東西に走る通りが馬場になり、疾走する馬の姿を間近で見られて大変迫力があるのじゃぞ。



さていよいよ中心部じゃ。
舞殿
まずは舞殿が目に入るのじゃ。静御前が義経を慕って舞を踊った若宮廻廊の跡に建ち、下拝殿とも呼ばれるのじゃ。
一般の方の結婚式や、イベント等にも使われているのじゃよ。


大銀杏
そしてかつて本殿を隠すほどの大きさの大銀杏があったのじゃ。2010年3月10日、月曜の早朝に強風により倒れてしまったのじゃ。樹齢1000年といわれ、源実朝が暗殺された場所じゃ。現在は新しい芽が成長しており、生命の息吹を感じることができるのじゃよ。



夕日
61段の大石段を登ると上宮。鎌倉の街と相模湾を見渡すことが出来るのじゃ。
かまじい個人的には、ここから見る夕日は何か特別のものを感じるのじゃ。


八幡宮本殿
本宮(上宮)は、應神天皇・比賣神・神功皇后をお祀りする社殿。国の重要文化財に指定されているのじゃ。


宝物殿
そして最後に宝物殿。八幡宮の御神宝(考古資料、御輿、武具、工芸品等)が陳列してあるのじゃ。



かまじい
おつかれさまじゃった。だいぶ歩いたのじゃな。
どこかで甘い物でも食べていくのがよろしじゃよ。
八幡宮境内にはカフェ「風の杜」があって、平家池を眺めながら有機栽培のコーヒーや、柔らかなパンケーキが楽しめるのじゃよ。
カフェ風の杜


カフェ風の杜のパンケーキ
カフェ風の杜のコーヒー


鳩サブレーで有名な豊島屋も境内に売店を出店しているのじゃ。
豊島屋八幡宮店

鎌倉のカフェ情報へ


鎌倉鶴岡八幡宮の観光情報ページ





鎌倉観光の見どころ・お店を検索!